Apple、劇的に進化したCPUを採用した第5世代の「Apple TV」を2016年始めから量産へ

シェアする

Appletv 3

tvOSを搭載し大幅な進化をはたしたばかりの「Apple TV」に早くも新型が登場するのでしょうか。台湾のメディアDigiTimesは、第5世代の「Apple TV」の試験生産が2015年12月から始まり、2016年の第1四半期に量産体制に入るようだと伝え、注目を集めています(MacRumors9to5MaciDownloadBlog)。

DigiTimesの情報源であるサプライチェーンメーカーの話によると、Appleは第5世代のApple TVで「劇的にハードウェアのパフォーマンスを向上させる新型CPU」と、そのCPUの発熱を解消するための新しい「放熱ソリューション」を採用する計画があるとのこと。

ただし、報道は第5世代のApple TVがいつ発売されるかに関する情報は伝えておらず、結局新型のApple TVが発売されるのは2016年の中頃から終わりにかけてになるのではないかという見方もあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする