MacBook Pro Late 2016のバッテリー持続時間が短かったのはSafariのバグが原因?

シェアする

S 20161224 101442

非営利団体Consumer ReportsがMacBook Pro Late 2016をテストし、バッテリー持続時間にばらつきがあるという理由からMacBook Proシリーズとしては始めて「推薦」が得られなかった問題に関し、Appleは声明を発表。Safariのバグでバッテリー持続時間が短くなっていた可能性が浮上してきました(MacRumors)。

AppleはMacRumorsをはじめとしたテックサイトに以下のようにコメントを送っています。

We learned that when testing battery life on Mac notebooks, Consumer Reports uses a hidden Safari setting for developing web sites which turns off the browser cache. This is not a setting used by customers and does not reflect real-world usage. Their use of this developer setting also triggered an obscure and intermittent bug reloading icons which created inconsistent results in their lab. After we asked Consumer Reports to run the same test using normal user settings, they told us their MacBook Pro systems consistently delivered the expected battery life. We have also fixed the bug uncovered in this test. This is the best pro notebook we’ve ever made, we respect Consumer Reports and we’re glad they decided to revisit their findings on the MacBook Pro.

要約すると、Consumer Reportsはバッテリーテスト用にSafariのキャッシュを無効にする隠し設定を有効化しており、この設定によってSafariのアイコンリロードに関する分かりづらいバグが発生していたとのこと。Consumer Reportsに対してその設定を無効にした後、再度テストするよう要望した結果、仕様通りのバッテリー持続時間が得られたとされています。

問題のSafariの不具合は、今週公開された最新のベータ版で修正されているようです。

これに対しConsumer Reports側もコメントを発表しています。

We also turn off the local caching of web pages. In our tests, we want the computer to load each web page as if it were new content from the internet, rather than resurrecting the data from its local drive. This allows us to collect consistent results across the testing of many laptops, and it also puts batteries through a tougher workout.

キャッシュをオフにしたのは、Webコンテンツをローカルドライブからではなくインターネットから読み込みたいためで、多くのラップトップで採用されている方法であるとしています。

Consumer Reportsは、Safariの修正が完了した後、再テストを行い、MacBook Pro Late 2016の評価を確定する意向を示しています。今度こそ「推薦」が得られるのかどうか結果に注目が集まります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする