【注意喚起】「Google Bookmark Manager」でCPU使用率が異常上昇?

シェアする

Bookmarkmanager

Googleが先日、Chrome用の新しいブックマーク拡張「Bookmark Manager」をリリースしましたが、人によってはCPU使用率が異常に上昇したり、同拡張が削除できなくなるというトラブルを引き起こしていることが判明しました(蹴茶)。

この現象が発生する条件はいまのところはっきりせず、拡張機能のレビュアーのコメントなどによると、ある特定の環境でのみ不具合が発動しているようです。

実は自分のMacでも昨日あたりからChromeのCPU使用率が異常に高くなっていて、かつブックマーク画面が開けなくなっているのに気が付き、いろいろ調べているうちにこの問題にいきあたりました。

Bookmark Managerの問題解決

以下手探りで問題を解消した手順です。Bookmark Managerは削除済みの状態から始めました。

  • 同期機能をオフに。Chromeを再起動して確認(ダメ)。
  • Personal Blocklistをオフに。Chromeを再起動して確認(OK)。

最初に同期機能をオフにするのは、同期機能のせいで拡張が復活するのを防ぐため。Personal Blocklistオフにしたのは、蹴茶さんののサイトでブロックリストなど他の拡張が影響している可能性が言及されていたためです。

結果としてPersonal BlocklistをオフにしてChromeを再起動すると100%が解消し、その後Personal Blocklistと同期機能をオンにしても問題がなくなりました。

ということで何が問題となっているのかよくわからないので、問題が解決するまでインストールするのを控えておいたほうが安全かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする