Google従業員、情報を削除して売却したiMacに三年間アクセスできたことを指摘

1 iiSmcQePx0usRj8mnzpGRg

Appleのコンピュター「Mac」は、ソフトとハードを同一のメーカーが制作し緊密に連携できることが利点の一つとなっています。例えば所有するiPhoneやMacの場所を地図上に表示できる「Find My iPhone(iPhoneを探す)」も便利な機能の一つですが、この機能によってセキュリティ上のリスクが発生する場合があるとの指摘が行われています(9to5Mac)。

Mediumの投稿によると、Googleの従業員Brenden Mulligan氏は、数年前に自分の所有する古いiMacを中古コンピューターとして売却しました。その3年後に、その事実をすっかり忘れたころ、自分の所有するデバイスリストの中に、売却したはずのiMacが含まれていて、しかもその位置情報までもが表示されていることを発見するのです。

売却前にコンピューター内の情報は削除し、OS Xを再インストールしていたそうですが、iCloudやFind My iPhoneからサインアウトしていない状況で売却してしまったそうで、中古iMacを購入したユーザーが何らかの理由で、iCloudにログインしない状態で使い続けていたため、デバイスリストから削除されなかったのだろうとの推測が行われています。

この状況は、売却したユーザーにとってはともかく、購入者にとってセキュリティ上のリスクが大きく、例えば前オーナーによって位置情報をトラッキングされたり(MacBookの場合行動パターンが読み取られる可能性もあるそうです)、コンピューターのロックや消去など各種リモート操作を実行されてしまう可能性があるのです。

1 4 qpcc G6oEUAAyQWR1 DA

最終的に中古iMacの現在のオーナーがiCloudにログインしたことで、この状況は解消されたそうですが、同氏はMacを売却する場合、売却前にFind My Macからサインアウトし、中古デバイスを購入した場合はすぐにiCloudにサインインすることを推奨しています。

Appleは「Mac を売却または譲渡する前に」と題したサポートドキュメントで手順を紹介しています。この手順を省略した場合、どのような危険があるのか参考になる情報です。

スポンサーリンク