MacBook Pro 2011が「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」の対象外に

シェアする

S 20170523 100917

Appleは19日、「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」の条件を変更し、15インチ/17インチのMacBook Pro 2011を対象モデルから削除したことが分かりました(MacRumors)。

今回削除されたモデルは以下の通りです:

  • MacBook Pro(15-inch, Early 2011)
  • MacBook Pro(15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro(17-inch, Early 2011)
  • MacBook Pro(17-inch, Late 2011)

一方現在対象として残っているモデルは以下の通りとなっています。

  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
  • MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

同プログラムは「ごく一部の MacBook Pro システムに、ビデオ (画像) が歪む、画面に何も表示されない、システムが突然再起動するといった問題が起きる可能性があることが判明」したために行われた無償修理プログラムで、MacBook Proに搭載されたAMD製GPUの半田クラックが原因だとみられています。

個人的にも修理プログラムで修理してもらい、その後は一応順調ですが、修理後再発したという報告もネット上には存在し、問題の根本的な対策はなされていないのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする