AppleはMacBook ProのTouch Bar強制をやめるべき - 前Apple社員の提言

シェアする

Macbookpro

AppleはMacBook Pro(Late 2016)以降のモデルで、ESCキーやファンクションキーをタッチパネルで置き換えるTouch Barを導入しました。

使用中のアプリケーションによって機能を切り替えることができる柔軟性がウリですが、反面、従来の物理キーの方が使いやすかったという意見は確かに存在します。

以前Appleの社員だったこともあるライターChuq Von Rospach氏はブログで、現行のハイエンドMacBook Proに関し、Appleはユーザーに対し、Touch Barのためのコストの支払を強制すべきではないという批判を展開しています(MacRumors)。

The current [MacBook Pro] line forces users to pay for the Touch Bar on the higher end devices whether they want it or not, and that's a cost users shouldn't need to pay for a niche technology without a future. So Apple needs to either roll the Touch Bar out to the entire line and convince us we want it, or roll it back and offer more laptop options without it.

現行のハイエンドMacBook Proのラインナップは希望するかどうかにかかわらず、タッチバーのコストを支払うよう強制します。未来のないニッチテクノロジーの料金を支払う必要はないはずです。 AppleはTouch Barを全ラインに展開しユーザーを納得させるか、元に戻しTouch Barなしのオプションを提供する必要があります。

すなわちAppleは、15インMacBook ProのTouch Barなしモデルを販売するべきだという主張で、実際インターネット上にはTouch Barはギミックだと主張する声が多数存在します。

同氏はTouch BarありのMacBook ProからiMac 5Kに移行し、Touch IDに関しても、Apple Watchを併用すれば、それほど不便さは感じないと述べています。

Appleが鳴り物入りで導入したTouch Bar。いずれはMacの全モデルで利用可能となるのか、それともThinkPadのAdaptive Keyboardのようになくなってしまう技術なのか、今後も注目を集めそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする