MacBook Pro EFI ファームウェア・アップデート 2.2によりネットワーク復元機能が有効に

シェアする

愛用のMacBook Pro Early 2011(15インチ)のプログラムを最新版に更新したところ、OPTキーで表示される起動画面にネットワークを選択するコンボボックスが表示されるようになりました。MacBook Pro EFI ファームウェア・アップデート 2.2で追加された「インターネット接続を使用した Lion 復旧機能」のようです。

■インターネット復元機能とは
インターネット復元機能に関してOS X Lionの復元機能で次のように説明されています。

この機能はブロードバンドインターネット接続を利用し、AppleのサーバからLionの復元機能を直接ダウンロードして起動します。だからあなたのMacは、まったく同じLionの復元機能にオンラインでアクセスできる、というわけです

元々Lionアップグレード時にレスキュー用の起動領域が作られる上、さらにネットワーク経由でも復元できるとなるとはなかなか用意周到ですね。自作インストールメディアでクリーンインストールするとレスキュー用の起動領域が作られないという問題がありましたが、インターネット復元機能があれば問題ないかもしれません。安心のMacライフがおくれそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする