macOS 11はこうなるかも?ダークモードやユニバーサルアプリ、「デバイス」設定等新機能満載のコンセプトイメージが公開

S 20180304 101802

Appleは近年macOSよりもiOSに力を入れ、さまざまな新機能をiOSに優先的に追加しています。WWDCの発表でも圧倒的に時間を割かれるiOS関連で、Macユーザーにとっては少しさみしい状態かもしれません。

そのようななかデザイナーのÁlvaroPabesio氏は、macOSにiOSの機能を融合し、徹底的に修正したらどうなるかというアイデアのもと、macOSの新バージョンである「macOS 11」のコンセプトイメージを公開しています(9to5Mac)。

公開されたコンセプトイメージではmacOSのほとんどすべての部分が見直されています。例えばMacの象徴でもあるメニューバーは簡略化されて左側に移動し、右側にはiOS風のコントロールセンターは配置されています。コントロールセンターでは、iOS同様にWi-FiやBluetoothの有効無効を素早く切り替えることができるようになっています。

噂のiOSとのユニバーサルアプリがシームレスに動作するのはもちろん、それに合わせてmacOS側の各アプリもiOS風のデザインとなっています。例えばFinderも以下のようなiOS風のデザインを取り入れています。

S 20180304 101935

また待望のシステム全体のダークモードも可能になるとと想定されています。

S 20180304 101920

同コンセプトでは、iPhoneやiPad、Apple TV、AirPod、HomePodなど全てのハードウェア製品を管理できる「デバイス」設定の追加や、Finder以外のアプリのリニューアルなど、新時代のmacOSのさまざまなアイデアが含まれています。

あくまでもコンセプトイメージで実現される保証は全くありませんが、この中のいくつかが実際に実現されてもおかしくないリアルな画像となっています。新時代のmacOSに興味のある方は確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク