【要注意】macOS High SierraのAPFSはFusion Driveに対応しない

シェアする

Macoshighsierra 800x464

Appleは来週リリースされるmacOS High Sierraで、新しいファイルシステムApple File System(APFS)を導入します。高速かつ信頼性の高いファイルシステムで、macOS High Sierraインストール時に既存のファイルシステムをコンバートすることもできますが、Fusion Drive搭載のMacを使用している方は気をつけたほうが良いかもしれません。

macOS High Sierraの初期リリースではFusion Driveがサポートされず、ベータ版でHFS+からAPFSに変換してしまったユーザーのためファイルシステムを戻す方法を解説したドキュメントが公開されているからです(MacRumors)。

macOS High Sierra のベータ版をインストールした場合は、Mac の Fusion Drive が Apple File System に変換されている可能性があります。この構成は macOS High Sierra の初期リリースではサポートされないため、以下の手順に従って以前のディスクフォーマットに戻すことをお勧めします。

Appleはまた「macOS High Sierra の APFS の導入準備を進める」と題したキュメントでもFusion DriveとHDDはサポートしないと明記しています。こちらにはAPFSの互換性のほか、FileVault、Boot Camp、ファイル共有、TimeMachine使用上の注意点もリストアップされています。

macOS High SierraリリースとともにAPFS導入を考えている方は事前にチェックしておいたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする