macOS High Sierraへの自動アップグレードに要注意

シェアする

S 20171119 94439

macOS High Sierra以前のmacOSを使用しているユーザーに対し、インストーラーの自動ダウンロードや、通知バナーを利用したインストールの実行などが行われている模様。macOS High Sierraをまだインストールしたくない方は注意が必要かもしれません。

High Sierra push notification

tidbitsで公開された記事によると上記のような通知バナーが突如表示され、「インストール」を選べば即時にインストールが始まり、「詳細」を選べばMac App Storeの該当ページが表示されるようです。

macOS High Sierraのインストーラーファイルである「macOS High Sierraインストール.app」がバックグラウンドで自動的にダウンロードされているため、インストーラーが即時に実行可能になっているようです。

System settings

インストーラーの自動ダウンロードを防ぐ方法としては、システム環境設定の「App Store」で「新しいアップデートをバックグランドでダウンロード」のチェックを外す方法が提案されています。ただしHacker Newsにはそのチェックを外していてもダウンロードされていたというコメントが書き込まれていて、完全に防ぐことができるかどうかは不明です。

今回の挙動は公式サポートドキュメントでも説明されています。

OS X El Capitan v10.11.5 以降をお使いの場合は、High Sierra がバックグラウンドでダウンロードされるので、Mac を格段とアップグレードしやすくなりました。ダウンロードが終わると、High Sierra をインストールできるようになったという通知が届きます。通知の「インストール」をクリックすれば、すぐに始められます。

確かに手動でダウンロードする手間を省くことはできますが、意図せぬ自動ダウンロードや、アップグレードには注意しておかないといけないかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする