Apple、「OS X 10.10.4」正式版をリリース - discoverydを除去しネットワーク問題を完全解決か?

シェアする

El Capitan

Appleは本日、OS X Yosemiteの最新安定版「OS X 10.10.4」正式版をリリースしました。YosemiteユーザーはMac App Storeから最新版をダウンロードすることができます(MacRumors9to5Mac)。

OS X Yosemite 10.10.3では、Macの安定性、互換性、セキュリティが改善されています。リリースノートは以下の通りです。

  • ネットワーク機能の信頼性を向上
  • 移行アシスタントの信頼性を向上
  • 一部の外部モニタが正しく機能しない問題を解消
  • iPhoto ライブラリや Aperture ライブラリを“写真”用にアップグレードするときの信頼性を向上
  • 写真やビデオを iCloud フォトライブラリに同期するときの信頼性を向上
  • 一部の Leica DNG ファイルを“写真”に読み込むとアプリケーションが突然終了する問題を解消
  • “メール”でメールメッセージの送信に時間がかかることがある問題を解消
  • Safari で JavaScript に関する警告が繰り返し表示されてその Web サイトから移動できなくなる問題を解消

OS X 10.10.4は、新しい写真アプリや、絵文字の多様性など、目に見える新機能が追加されたOS X 10.10.3と異なり、"水面下の改善"が行われています。最大の変更点は、Yosemiteのネットワーク周りの不安定さの原因となっていた、discoverydのmDNSresponderでの置き換えで、Yosemiteリリース以来根強く続いていた不具合が、このリリースで完全解決することが期待されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする