Apple、「OS X 10.10.5」正式版をリリース - DYLD脆弱性を修正

シェアする

Yosemite 2

Appleは本日、OS X Yosemiteの最新安定版「OS X 10.10.5」正式版をリリースしました。YosemiteユーザーはMac App Storeから最新版をダウンロードすることができます(MacRumorsiDownloadBlogAppleInsider)。

OS X Yosemite 10.10.5は、Mac の安定性、互換性、およびセキュリティを改善するもので、アップデートの内容は以下の通りとなっています。

  • “メール”使用時の特定のメールサーバとの互換性を向上
  • “写真”で GoPro のカメラからビデオを読み込めない問題を解消
  • QuickTime Player で Windows Media ファイルを再生できない問題を解消

リリースノートには記載されていませんが、本日のアップデートでは、最近世間を騒がせた「DYLD_PRINT_TO_FILE環境変数を利用しroot権限昇格を可能にする脆弱性」が修正されています。

また同時に、Mavericks、Mountain Lionユーザー向けに「セキュリティアップデート 2015-006」もリリースされています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする