Apple、「OS X Yosemite 10.10.5」初のパブリックベータを公開

シェアする

Yosemite 2

Appleは本日、ベータテスター向けに「OS X Yosemite 10.10.5」系で初となるパブリックベータ版の提供を開始しました(MacRumorsiDownloadBlog)。

ビルド番号は14F6a。先日開発者向けに公開されたベータ版と同じです。Apple Beta Software Programに参加している方は、Mac App Storeもしくは、サイトからファイルをダウンロードしてインストールすることができます。

OS X 10.10.5は、OS X Yosemite最後のバージョンアップとなると見られていて、安定性、互換性、セキュリティに関する改善が行われると予想されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする