Apple、ダークモードが設定可能になった「OS X Yosemite Developer Preview 3」リリース。Swiftにも大きな変更が?

シェアする

Yosemite

Appleは本日、開発者向けにOS X Yosemiteの3番目のベータ「OS X Yosemite Developer Preview 3」(build 14A283o)を公開しました(9To5MacMacRumors)。

Mac Developer Programまたは、iOS Developer Programに加入している開発は者最新バージョンをダウンロードすることが可能です。

ダークモードが正式サポート

Developer Preview 3の変更点は9To5Macや、MacRumorsに詳しくまとめられています。一応簡単に纏めると以下の通り。

  • 設定でダークモードの設定が可能になる(以前はターミナルから設定)
  • QuickTimeアイコンの変更
  • メールアイコンの変更
  • Safariのアドレスバーからブックマークフォルダーにアクセス可能に
  • システムとiCloud PreferencesのUIが変更
  • 通知センターの改良。大きなアプリアイコンが利用可能になりフォントも改善

NewImage

ダークモードがまともに使えるようになったのは良いと思います。

Swiftにも大きな変更が?

9To5Macによると、iOS 8とYosemiteのリリースに合わせて、Appleの新しいプログラミング言語「Swift」にも大きな変更があったということ。

配列やディクショナリなど基本的なデータ構造に関係した改善が行われているようなので、Swiftを使っている人は要チェックかもしれません。と思って検索したら、以下早くもまとめている方がいました。

SwiftのArrayがヤバくなくなった→よくなった。ということで朗報のようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする