【Tips】Macのタスク切り替えで、最小化されたウィンドウを表示する方法

シェアする

Task

Macのタスク切り替えのためのショートカットキーといえば「Command + Tab」です。素早くアプリを切り替えるための必須ショートカットキーですが、通常、最小化されたウィンドウを元に戻すことはできません。例えば上の画面で、Finderを選んだとしても、Finderウィンドウが最小化されていると、再表示されないのです。

2015 02 17 19 22 02

実はこれを解決する方法が存在し「Command + Tabでアプリを選択した後、Optionキーを押してCommandキーを離す」ことで最小化ウィンドウを表示することができます(superuser)。キー配置的に結構高難度なショートカットキーですが何回かやればなれると思います。

Witchの様なサードパーティ製タスクスイッチアプリを使えば、最小化ウィンドウ含めてアプリを切り替えるなんてことも楽々可能ですが、標準機能だけにこだわって作業するのもストイックで良いのではないでしょうか。

ちなみに、Macではウィンドウを最小化する(Command+M)のと、隠す(Command+H)のでは扱いが異なります。その辺は「OSXの「隠す」と「ウィンドウの最小化」どっちを使う?」などが参考になるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする