「Parallels Desktop 9 for Mac」アップデートでYosemiteに対応

シェアする

Parallels Desktop

Mac用の人気仮想化ソフト「Parallels Desktop 9 for Mac」用の最新アップデート9.0.24237が公開され、OS X Yosemiteがクラッシュすせず動作可能になりました(公式ブログUpdates Summary)。

9.0.24237では、Yosemiteに対応した他以下のような修正が行われています。

  • Resolves an issue with OS X Yosemite crashing when starting Parallels Desktop 9 for Mac.
  • Resolves an issue with dragging and dropping files between Macs with OS X Yosemite and virtual machines.
  • Resolves an issue with OS X 10.9.3 and 10.9.4 virtual machines appearing with a black screen on startup.
  • Resolves an issue with losing the network connection in a virtual machine after resuming.
  • Resolves an issue with Unity mode in Ubuntu 14.04 virtual machines.
  • Resolves an issue with a World of Warplanes game crash.
  • Resolves an issue with Parallels Desktop 9 update failing.

先日公開された、Yosemite Developer Preview 3では、iCloud Drive、Handoff、電話機能のような重要な機能が利用可能になっていますが、Parallelsにインストールを使っても、これらYosemiteの新機能を試すことができるようです。

リアルMacに入れるのに抵抗がある方は、仮想化して試してみると良いかもしれません。Parallels Desktop 9は14日間利用できる試用版もダウンロードできます。

以下Yosemiteのインストール方法を紹介するビデオです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする