スリープしないMacをスリープさせる「PleaseSleep」

シェアする

Macを使っていて、スリープ時間が経過してもなぜかスリープしなくなったことはありませんか?

ネットワークにアクセスし続けたり、ディスクにアクセスし続けるソフトが起動しているとスリープしなくなるみたいなのですが、原因となるソフトは無数にあり、どれが悪いとはっきりいいきることは難しいみたいです。管理人もスリープしないMacBookで原因となりそうなソフトを探してみましたがどのソフトが悪いか不明でした(Chromeとターミナルが怪しかったけど…)。

「PleaseSleep」はこのような場合に使うことができる強制スリープ(?)ソフトです。「PleaseSleep」を常駐させておくと、ネットワークアクセス、ディスクIOの状況関係なしに、省電力設定のスリープ時間に従ってスリープさせることができます。


■設定
起動するとメニューバーにアイコンが表示されるので、[Preferences]を選択します。[General]タブでは[Launch at startup」にチェックを入れ自動起動するよう設定します。

[Force Sleep]タブでは「実行時だけPleaseSleepを有効にするアプリ」を指定することができます。[Exceptions]タブでは「実行時はPleaseSleepを有効にしないアプリ」を指定することができます。

■まとめ
Macでスリープしなくなる現象を解決する方法として「PleaseSleep」を使うのは結構メジャーな方法みたいです。ディスクアクセスやネットワークアクセスに関係なく確実にスリープさせることができるので、スリープしない現象で悩んでいる方は試してみるとよいでしょう。反面コンパイルがおわってからスリープしてほしいとか、ダウンロードが終わってからスリープしてほしいといった要望には応えられないと思うので注意が必要です(スリープ時間を長めにしておけば問題ないかもしれません)。

■URL
PleaseSleep
http://www.dragonone.com/products/macosx/pleasesleep/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

コメント