【悲報】デジタルスクラップブックアプリ「Ember」今後の新機能投入は期待できず

シェアする

S 2015 11 06 0 59 45

RapidWeaver、Clear、Ember等、Mac用の人気アプリを多数公開しているRealmac Softwareが「A Long Overdue Update on Our Product Roadmap」と題し、今後のアプリ開発計画を明らかにしました。

ブログでは、RapidWeaverやTyped.com、Clearといった製品が順調に開発中であるのに対し、Mac用のデジタルスクラップブックアプリ「Ember」の開発は停滞中であるという、Emberユーザーにとってショックな事実が明らかにされています。

事実上の開発停止か

説明によると、Ember開発の停滞の原因は、フルタイムの開発者を雇用するための資金不足で、「Ember 2」を開発することはもとより、Emberの同期機能の問題を修正することも不可能な模様。

最終的に、Emberユーザーに対し以下の告知が行われています。

  1. 今年の終わりに同期機能(iCloudとDropbox)を削除したEmberを公開する
  2. ローカルライブラリを使えばEmberを将来的に安全に使い続けることができる
  3. EmberはMac App Storeから間もなく削除される。これはメンテナンスコスト削減とアップデートを簡単化するため
  4. 将来の更新はダイレクト版に対してだけ適用される
  5. Mac App Store版ユーザーはダイレクト版に移行できる(メールで連絡)
  6. Emberを最近3ヶ月間のうちに購入して今後使用したくないユーザーは返金もうけつける
  7. Mac App Store版の場合Appleに返金を要求する必要あり

Ember開発の事実上の停止の発表に対し、Designer Newsでは、失望の意見が多く集まっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする