Apple、開発者向けに「Safari 10 beta」の提供を開始 - Yosemite / El Capitan向け

Safari

Appleは本日、開発者に対しSafariの新バージョン「Safari 10 beta」の提供を開始しました(9to5MacMacRumors)。「Safari 10 beta」はYosemiteおよびEl Capitan向けで、開発者はApple Developer Centerからファイルをダウロードすることができます。

このベータ版をインストールすることで開発者はmacOS Sierraに導入される新しいSafariへ、OSをアップグレードすることなく対応することができることになります。

Safari 10の新機能の中にはmacOS Sierraでだけで利用可能なものもありますが、新しいブックマークサイドバーやサイト毎のズーム機能、改善されたReader / Web Inspectorなど、YosemiteおよびEl Capitanでも利用可能な機能が含まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする