Swiftで書かれたTwitterライブラリ「Swifter」

シェアする

NewImage

Appleの新プログラミング言語「Swift」で書かれたTwitterフレームワーク「Swifter」が公開されています。ライセンスはMITライセンス。

Swifterを使うためには、Xcode 6が必要で、自分のSwiftプロジェクトに「SwifteriOS」(iOSの場合)か、「SwifterMac」(Macの場合)をドラッグ・アンド・ドロップして追加するだけでOK。

使用方法

基本的な使用法は他のプログラミング言語で書かれたTwitterライブラリと同じような感じなので馴染みやすいかもしれません。

let swifter = Swifter(account: twitterAccount)

アカウントの初期化。

let swifter = Swifter(consumerKey: "", consumerSecret: "")

OAuthの初期化。

swifter.authorizeWithCallbackURL(callbackURL, success: {
    accessToken, response in

    // ...

    }, 
    failure: {

    // ...

    })

OAuthの認証。

swifter.getStatusesHomeTimelineWithCount(20, sinceID: nil, maxID: nil, trimUser: true, contributorDetails: false, includeEntities: true, success: {
    statuses, response in

    // ...

    }, failure: {

    // ...

    })

Homeタイムラインの取得。

まとめ

他に「SwifterDemoMac」、「SwifterDemoiOS」というデモプロジェクトも含まれているので参考になりそうです。こんな感じでどんどんSwiftで書かれた実用性の高いライブラリが公開されるとなると、相当普及速度は速くなりそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする