Mac用のシンプルなオープンソースタイムトラッキングアプリ「Thyme」

シェアする

S 2015 05 21 0 21 31

普段、自分が行っている作業にどのくらい時間がかかっているのかを測定しておくと、次回以降、作業時間の見積を立てるのが楽になります。

とはいえ、毎回ストップウォッチを使って時間を測定、記録していくのは大変なもの。なんとか楽をしたいところです。そこで、今回紹介するMac用アプリ「Thyme」の出番です。作業の開始/終了時にワンクリックするだけで、作業時間を記録していくことができます。

使用方法

公式サイトのダウンロードボタンより、Thyme-0.5.dmgをダウンロードして開き、Thyme.appをアプリケーションフォルダにコピーして起動します。

S 2015 05 21 0 31 22

メニューバーアイコンをクリックし「Start」を選択すると測定開始です。

S 2015 05 21 0 31 40

時間を計測中、中断したいときは「Pause」を。やり直したい時は「Restart」を選択すればOK。「Finish」で計測終了です。計測した時間はjson形式でエクスポートすることもできます。

S 2015 05 21 0 32 03

「Preferences」で、Start / Pause、Restart、Finishにそれぞれショートカットキーを割り当てることもできます。また、Apple Scriptもサポートしていて、以下のような書式でアプリを制御することもできます。

tell application "Thyme"
    start
end tell

ソースコードも参考になりそう

ThymeのソースコードはGitHubでMITライセンスのもと公開されています。Objective-Cで記述された、シンプルなメニューバーアプリケーションとして開発者の方の参考にもなりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする