「VMware Fusion 4.1.1」リリース。再びSnow Leopard / Leopardがインストール不可に

Mac OS X用の仮想化ソフトVMware Fusionの最新版「VMware Fusion 4.1.1」がリリースされています。VMware Fusion 4.Xユーザーは無償でアップグレード可能。

予告通り4.1で可能になっていた「Snow Leopard / Leopard」通常版のインストールが出来ないように変更されています。ためしにSnow Leopardを新規インストールしようとすると「ゲストOSはMac OS X Serverではありません。」というメッセージが表示され続行できませんでした。

うっかりミスでたまたまインストールできるようになっていただけとはいえ、一度はできるようになっていたものができないようになるといかにも残念ですね。Appleの方針が変わってくれることを祈ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする