いよいよ今夜開幕する「WWDC 2014」で出そうなものまとめ

シェアする

NewImage

いよいよサンフランシスコで6月2日午前10時(日本時間3日午前2時)より開幕するWWDC 2014で、一体何が発表されるのでしょうか。

気の早い海外テック系サイトが、現段階でWWDC 2014で出そうなもの一覧をまとめていますので参考までに(iDownloadBlogMashable)。

OS X 10.10

NewImage

コード名「Yosemite」が予想されている、OS X 10.10は、GUIの大幅アップデートが想定されていて、このカンファレンスの目玉だと考えられています。噂では、iOS 7スタイルのデザインが導入されるとのこと。

NewImage

↑上はコンセプト画像ですが、こんなスッキリした感じに?

iOS 8

NewImage

iOS はデザイン面の大きな変更なないだろうと考えられています。機能の追加や修正で、Mapの改善、アプリ間通信の改善、画面分割式マルチタスクの導入がありそうです。ただし画面分割式マルチタスクはでない(遅れる)という説もあります。

↑ひょっとしたらiOS 8.1ぐらいで導入?

NewImage

↑健康管理をサポートするHealthbookというアプリが追加されるという説も有力です。

ハードウェア

WWDCで「メジャーな新しいハードウェア」が披露される機会は意外にも少なく、スティーブ・ジョブスがiPhone 4を公開したのが最後ということ。ただしハードのリフレッシュはありえるので、何らかの新製品の発表はあるかもしれません。

一応、iWatch、Apple TV、12インチRetina MacBook、Mac miniなどが候補にあがっています(来るのか?Mac mini)。

iPhone 6が発表される説もあるようですが、どうなんでしょうか。

全てが間もなく明らかに

Macユーザーとして、やはりOS X 10.10がどうなるのか興味深いところです。デザイン面もそうですが、古いMacをどこまでサポートしてくれるのかも気になります(Mavericksは、Mountain Lionと同じ機種をサポートしていました。さすがに今回は足切りがありそう)。

あとはiOS 8(iPhone 6も?)、Mac miniがあるのかですね。日本語で中継してくれるサイトもあるみたいなので、そちらは別エントリーでまとめたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする