Black Screen - 入力補完がサクサクすぎる21世紀のターミナルエミュレーター

シェアする

S 2016 07 28 23 59 59

Mac標準ターミナルやiTerm 2に飽き足らない方は「Black Screen」を試してみると良いかもしれません。21世紀のターミナルエミュレーターとして絶賛開発中のオープンソースソフトウェアです。

クロスプラットフォームのフレームワーク「Electron」を使って作られていますが、主なターゲットはMacのようで、現在はMac版のバイナリのみダウンロードすることができます。

Black Screenはターミナル界のIDEとして知られていることからもわかる通り(?)、とにかく補完機能が充実しているところが特徴です。コマンドだけではくディレクトリやファイル名などコマンドの引数部分の補完もスムーズです。

S 2016 07 28 23 59 59

補完候補はポップアップ形式でスマートに表示されます。カレントパスが自動的に左端に表示されるので、シェルの環境変数を設定する必要もありません。gitで管理しているディレクトリ内に移動するとブランチ名まで表示されました。右上の検索ボックスから現在のウィンドウ内を検索することもできます。

ただし、現在のバージョンv0.2.13では日本語の表示や入力ができません。この点が解決できればモダンなターミナルとしてiTermの地位を脅かすものになるかもしれませんが…。アクティブに開発されているので今後の発展に期待したいと思います。

S icon タイトル Black Screen
公式サイト https://github.com/shockone/black-screen
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7433-black-screen
説明 IDE的な機能が充実した21世紀のターミナルエミュレータ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする