Gitee - GitHubのステータスを一覧できるmacOS用メニューバーアプリ

シェアする

S 20170317 112242

GitリポジトリのホスティングサービスGitHub。パブリックリポジトリならば無料で利用できるため、多くのオープンソースプロジェクトで利用され、世界中で人気を集めています。

本日紹介する「Gitee」は、そのGitHubのステータス情報を一覧表示することができるmacOS用メニューアプリ。

スターの数やフォロワーの数、コミットグラフ、通知、トレンドなどGitHubに関するあらゆる情報を素早く確認できるGitHubマニア必見のツールです。

以下使用方法を説明します。

Giteeの使用方法

GitHubのリリースページから最新版のzipファイルをダウンロードします。中に含まれる.appをアプリケーションフォルダにコピーします。

例えばGitee 1.0.2.appのような名前になっていますので、Gitee.appのようにリネームしてからコピーした方がわかりやすいかもしれません。

S 20170317 112112

▲アプリを起動し自分のGitHubのアカウントでログインします。

メニューバーにはスターの数、フォロワーの数、通知の数が表示されます。表示する項目は設定画面で変更することもできます。

S 20170317 112330

▲アイコンをクリックするとさらに詳しい情報を表示することができます。一番左側のアイコンをクリックすると、アバターやコミットグラフのような基本情報が表示されます。

S 20170317 114017

▲その右側はリポジトリごとのスターの数です。デフォルトの閾値は50ですが、自由に調節することができます。

S 20170317 112401

▲さらに右側はフォロワーの数。

S 20170317 112425

▲炎アイコンをクリックすれば現在GitHub全体で話題となっているトレンド情報を確認することができます。右端のベルアイコンをクリックすると通知情報が表示されます。

S 20170317 112438

▲設定画面ではメニューバーに表示する情報や、リフレッシュ間隔、その他設定を変更することができます。

まとめ

Giteeを利用すればGitHubの情報を素早く表示することができます。GitHubを利用して活発に開発作業を行っている開発者の方ならば試してみる価値はあるのではないでしょうか。

S icon タイトル Gitee
公式サイト https://github.com/Nightonke/Gitee
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7571-gitee
説明 GitHubのステータスを一覧表示することができるmacOS用メニューバーアプリ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする