WindowsでもAirPodsが使いたいので、エレコムのBluetooth USBアダプタ「LBT-UAN05C2」を購入してみた

シェアする

IMG 3968

エレコムの超小型Bluetooth USBアダプタ「LBT-UAN05C2」を購入してみました。

実はすでに同様のBluetoothアダプタは所有していたのですが、AirPodsを接続した際若干安定性に欠けるような気がしたので、AmazonでベストセラーだったLBT-UAN05C2に買い換えです。

価格も1,000円ちょいとかなり安く、Windows 10でも問題なく使用することができました。

以下詳細をご紹介。

外観など

透明のカバーで覆われているだけの簡単な包装です。

IMG 3977

サイズは非常に小型でほぼUSB端子と同じ大きさです。でっぱりも小さくノートPCなどでも違和感なく利用できそうです。

IMG 3971

拡大してみました。PCに接続すると青色のLEDが光ります。

同梱されている説明書には、別途専用のデバイスドライバーをインストールするよう指示がありますが、Windows 10の場合、特に何もしなくても認識されるようです。余計なトラブルを避けるため、専用ドライバーはインストールいしないほうが良いのかもしれません。

AirPodsの認識は?

AirPodsを認識させるには、Apple公式ページの説明にあるとおり、AirPodsをケースに入れ蓋を開けた状態で背面のボタンを押し続けます。

Windows 10のBluetoothの設定画面で接続済みと表示されれば完成です。

まとめ

LBT-UAN05C2を使用すれば、Bluetooth機能を搭載していないPCにBluetooth対応機器を接続することができます。Macの場合Bluetooth機能は内蔵されていますが、そうでないWindows PCなどで利用すると便利です。

なおAirPodsの安定性は残念ながらあまり変わっていないような気がします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする