macGist - クリップボードの内容をGitHubのGistに送信できるシンプルなMacツール

シェアする

S 20170623 101436

クリップボードの内容をGitHubのGistにワンクリックで送信することができる、Mac用のメニューバーアプリ「macGist」。

Swift製のツールで、ソースコードはMITライセンスで公開されています。

GitHubのGistはコード片やメモなどを保存することができる便利な機能ですが、通常利用するにはWebブラウザを起動する必要があり一手間かかります。macGistを使えばその手間をはぶくことができるのです。

以下使用法を説明します。

macGistの使用法

GitHubから最新のzipファイルをダウンロードして解凍し、解凍してできたmacGist.appをアプリケーションフォルダにコピーしてから実行します。

macGistを利用するには、まずGitHubアカウントにログインする必要があります。ログインしなくても一応使えますがその場合、Anonymous Gistにしか登録できません。

メニューバーのアイコンをクリックし「Settings」から設定画面を表示します。

S 20170623 102109

▲「GitHub Log In」をクリックしてログインします。

Usage

▲ログインすると自分のアカウントのGistに登録できる「Authenticated Gist」メニューが利用可能となります。

保存したい内容をクリップボードにコピーし「Authenticated Gist」を選ぶとその内容が登録されます。設定画面で「Display Notifications」にチェックを入れておくと登録完了を通知してくれます。

なお、登録に成功すると登録したGistのURLがクリップボードに設定されます。Webブラウザで登録を確認するのも簡単です。

S 20170623 103114

まとめ

macGistを利用すればGitHub Gistにメニューバーから簡単に登録することができます。Gistのさらなる有効活用を狙っている方におすすめのツールです。

I screenshot1 タイトル macGist
公式サイト https://github.com/Bunn/macGist
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7584-mac-gist
説明 GitHubのGistをメニューバーから利用するためのアプリ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする