mert - iTerm2互換のペイン管理マネージャー

シェアする

S 2016 06 10 0 24 57

MacのターミナルアプリiTerm2のペインの分割状態を管理することができるコマンドラインツール「mert」。設定ファイルをあらかじめ作成しておくことで、複雑な分割状態を簡単に再現することができます。

例えば左ペインにエディタを、右ペインに通常のターミナルを常に表示しておきたいといった場合、mertを使えば一瞬で状態を復元できるのです。

本日はこのmertの使用方法を説明します。

使用方法

以下のコマンドでインストールします。Node v6.2.0以降が必要です。

npm install -g mert

mert initでカレントディレクトリに設定ファイル.mertrcを作成します。
mert startで分割された状態でiTerm2が起動します。

mert init
mert start

デフォルトの設定ファイルでは以下のような複雑な分割状態でiTerm2が起動します。

S 2016 06 10 0 24 57

この場合の.mertrcです。
rootでカレントディレクトリを、layoutでペインの分割を指定しています。

root: "~"
layout:
  -
    - echo "Row 1, Pane 1"
  -
    - echo "Row 2, Pane 1"
    - echo "Row 2, Pane 2"
  -
    - echo "Row 3, Pane 1"
    - echo "Row 3, Pane 2"
    - echo "Row 3, Pane 3"

この雛形をもとに、もう少し簡単化してみます。

root: "~"
layout:
  -
    - echo "Row 1, Pane 1"
  -
    - echo "Row 2, Pane 1"; emacs -nw

この場合2分割で上にターミナル、下にemacsが表示されます。

S 2016 06 10 1 14 40

まとめ

今回はmertの基本的な使用方法を説明しました。実際はカレントディレクトリの下の.mertrc以外に、グローバルな設定ファイルとして~/.mertrcを使用することもできます(.gitignoreのように)。

split_strategyオプションを指定することでペインの縦・横の分割戦略を変更することもできます。さらなる詳細はGitHubで確認することをお勧めします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする