Shifty - Night Shift機能をコントロールするためのメニューバーアプリ

シェアする

S 20170820 101546

macOSに搭載されたディスプレイの色温度変更機能「Night Shift」。夜間の色温度を暖色系に自動的に変更し、不眠の原因となるブルーライトをカットすることができる機能です。

本日紹介する「Shifty」は、このNight Shift機能を素早く制御することができるメニューバーアプリです。

機能のオン・オフや色温度変更度合いの調節のほか、特定のアプリでの無効化など、標準設定では不可能な機能も搭載する便利なアプリです。

以下詳細をご紹介。

Shiftyの使用方法

公式サイトからdmgファイルをダウンロードし、中に含まれているShifty.appをアプリケーションフォルダにコピーします。

実行するとアイコンが表示され、クリックすると以下のメニューが表示されます。

Usage

メニューの上からオン・オフの切り替え、色温度変更の効き具合の調節、特定条件による機能の無効化となっています。

特定のアプリでNight Shiftを無効化したい場合、そのアプリを選択した後「Disable for <アプリ名>」を選びます。例えばFinderを選んだあと「Disable for Finder」を選べば、Finderを使用中はNight Shiftが無効な状態で使用できるのです。

「Disable for an hour」は一時間の無効化、「Disable for custome time」は指定した特定の時間の無効化です。

S 20170820 103053

設定画面ではログイン時の自動実行を有効にできるほか、「Quick Toggle」を有効にすることもできます。Quick Toggle有効化ではメニューバーのアイコンをクリックするだけで、Night Shift機能をオン・オフできるようになります。

まとめ

Shiftyを利用すれば、Night Shift機能をより便利に利用することができます。普段からNight Shift機能を利用している方におすすめのアプリです。

S icon タイトル Shifty
公式サイト http://shifty.natethompson.io/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7585-shifty
説明 Night Shift機能を素早く制御することができるメニューバーアプリ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする