Terminal for iOS - iOSのサンドボックス環境で動作するターミナルアプリ

Terminal for ios

開発者やサーバー管理者など、普段から「ターミナル」を利用してさまざまな作業を行っている方は多いかもしれません。

本日紹介する「Terminal for iOS」は、その「ターミナル」をiOSのサンドボックス環境で動作させることができるiOSアプリです。

sshクライアントと異なり、sshでサーバーに接続しなくてもローカルに組み込まれたcat、grep、mkdir、ls、curlといった各種コマンドを実行できる点がユニークです

以下Terminal for iOSの使用方法を説明します。

Terminal for iOSの使用方法

Terminal for iOSはMITライセンスを採用したオープンソースアプリです。ソースコードをダウンロードしてXcodeを利用してビルドすることもできますが、単に使うだけならばApp Storeからアプリをダウンロードするのが簡単です。

Terminal App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
iOSのサンドボックス環境で動作するターミナルアプリ。

アプリはiOS 11.0以降のiOSデバイスに対応しています。

Terminal for iOSで利用可能なコマンドは「?」で確認できます。

Usage

例えば「curl」コマンドを利用してWebページをローカルに保存し「cat」コマンドで表示したい場合、以下のように実行します。

$ curl www.softantenna.com > result
$ cat result

GitHubの説明によるとTerminal for iOSは、ios_systemの改変版を使用していて、以下のコマンドが使用可能とのこと。

cat cd chflags chksum
clear compress cp curl
date du egrep fgrep
grep gunzip gzip help
link ln ls mkdir
mv printenv readlink rm
rmdir stat sum tar
touch uname uncompress uptime
wc whoami

まとめ

Terminal for iOSを利用すれば基本的なUNIXコマンドのいくつかをiOSのサンドボックス環境で実行することができます。sshやmoshを使いたい場合は「Blink Shell for iOS」が便利ですが、このアプリも興味深い試みとしてHacker Newsでも注目を集めています。

スポンサーリンク