Battery - バッテリー情報をターミナルで確認できるスモールユーティリティ

S 2016 04 12 19 17 10

バッテリーの状態をターミナルで確認することができる小さなプログラム「Battery」。ターミナルでグラフを表示することができるSparkライブラリを使用していて、コマンドラインでも美しくバッテリー残量を表示することができます。

グラフの表示方法や色のカスタマイズ、tmuxへの組みも可能。環境はMac OS XとLinuxに対応しています。

インストール

MacでHomebrewを使っているならば以下の方法でインストールするのが簡単です。

$ brew tap Goles/battery
$ brew install battery

Homebrewを使わない場合やLinuxの場合など、その他の環境におけるインストール方法は公式サイトのドキュメントを参照してください。

使用方法

ターミナルを開いていコマンドラインから実行します。

$ battery

オプション無しだとSparkを使った棒グラフでバッテリーの残量を知ることが出来ます。

NewImage

▲グリーンがバッテリー残量あり。黄色が中間。赤が危険状態を表しています。

$ battery -a
[81%] [========  ] 

▲-aオプションを指定するとASCII形式で表示されます。

$ battery --help
battery: usage:

  general:
    -h, --help    print this message
    -p            use pmset (more accurate)
    -t            output tmux status bar format
    -a            output ascii bar instead of spark's

  colors:
    -g     good battery level      default: green or 1;32
    -m     middle battery level    default: yellow or 1;33
    -w     warn battery level      default: red or 0;31

▲--helpでヘルプが表示されます。「battery -g "0;32"」のように実行するとgood状態の色を変更することができます。

S 2016 04 12 19 32 40

▲実際に表示される色はターミナルのANSIカラー設定によって決まります。"0;32"は"上の行の左から3番目の色となります。詳しくはBash Prompt HOWTOなどを参照ください。

set -g status-right "#(/usr/local/bin/battery -t)"

▲また~/.tmux.confに設定を追加し、tmuxと組み合わせて使用することもできます。

まとめ

Batteryはシェルスクリプトで実装されたプログラムです。それほど長くないプログラムですので、どのようにバッテリー情報を取得しているのか、Sparkライブラリを使用しているのか確認してみるのも良いでしょう。BatteryのソースコードにはMITライセンスが適用されます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする