「Chrome 59」安定版がリリース - ヘッドレスモードのサポートや設定ページのデザイン変更

シェアする

S 20170607 85253

米Googleは5日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」の最新安定版「Chrome 59」をリリースしました(Chrome Releases9to5Google窓の杜)。Chromeの自動更新機能、または「Chrome > Chromeについて」メニューから最新版に更新することができます。

Chrome 59.0.3071.86では、深刻度Highの脆弱性5件を含む合計30件の脆弱性が修正されています。詳細はChromium Securityでご確認ください。

Chrome 59の変更点としてはまず、設定画面の刷新があげれます。マテリアルデザインを導入し、各設定項目がグループ化されて利用しやすく改良されています。また、Animated PNGフォーマットへの対応や、macOSにおけるネイティブ通知のサポートも行われています。

TMPNOTIF

開発者向けの機能としてはHeadlessモードのサポートがあります。ユーザーインターフェイスを持たないChromeを動作させ、Seleniumを使ったWebテストや、WebページのPDF変換など、各種自動化に役立てることができる機能です。現在MacとLinuxでサポートされており、Windowsでも近い将来サポートされる予定です。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする