Chrome 65安定版がリリース - CSS Paint APIやServer Timing APIが追加

S 20180307 85322

Googleは6日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」の最新安定版「Chrome 65」をリリースしました(Chrome Releases9to5GooglePhoronix)。

Chrome 65.0.3325.146では、深刻度High脆弱性9件を含む、合計45件の脆弱性が修正されています。詳細はChrome Security Pageで確認可能です。

Chrome 65は一般ユーザー向けではなく開発者向けの新機能の導入や、セキュリティ修正がメインのアップデートとなっています。まず新規に追加されたCSS Paint APIは、画像リソースを参照/インクルードする代わりにブラウザで画像を描画することができるというAPIです。

CSS Paint API allows you to programmatically generate an image whenever a CSS property expects an image. Properties like background-image or border-image are usually used with url() to load an image file or with CSS built-in functions like linear-gradient(). Instead of using those, you can now use paint(myPainter) to reference a paint worklet.

CSS Paint APIを使用すると、CSSプロパティでイメージが必要なときにプログラムでイメージを生成できます。 background-imageやborder-imageのようなプロパティは通常、画像ファイルを読み込むためにurl()やlinear-gradient()のようなCSS組み込み関数を使用します。これらを使用する代わりに、paint(myPainter)を使用してペイントワークレットを参照することができます。

Screen Shot 2018 02 06 at 1 43 53 PM

またServer Timing APIを使用すると、クライアントとサーバーの両方の速度キャプチャできるため、開発者はWebアプリケーションのパフォーマンスをより正確に測定できるようになります。

さらに、より強固な認証を可能にするWeb Authentication APIや、TLS 1.3のdraft-23版もサポートされています。

その他Chrome 64の新機能はChromium Blogにリストアップされています。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。

スポンサーリンク