Chrome for iOSがオープンソース化

Photo

Googleは1月31日(現地時間)、iOS用のWebブラウザ「Chrome for iOS」のソースコードをオープンソース化して公開したことを発表しました(Chromium BlogMacRumors)。オープンソースプロジェクトであるChromiumに含まれる形でChrome for iOSのリポジトリが公開されています。

Chrome - Google のウェブブラウザ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
定番ブラウザChromeのiOS版。

iOSプラットフォームには、WebブラウザはWebKitをレンダリングエンジンとして採用しないといけないという決まりが存在し、Chromeで採用されているBlinkが直接使用できないChrome for iOSのソースコードは、複雑さの増加を防ぐためChromiumから分離されてきた経緯がありました。

このたび過去数年間にわたるリファクタリングが完成し、Chrome for iOSをChromiumにマージすることが可能となったと説明されています。開発者はビルド手順に従って独自にChromium for iOSをビルドすることが可能となり、今後の開発スピードの加速が期待されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする