物書堂、縦書き対応ワープロアプリ「egword Universal 2」を3月14日から販売開始

Egword

物書堂は16日、公式Twitterアカウントで「egword Universal 2 (Version 2.1)」を2018年3月14日からMac App Storeで販売開始すると発表しました。

物書堂は2017年にegシリーズの開発資産をコーエーテクモゲームスより取得しています。この中に2007年までエルゴソフトがMac OS X用に開発・販売していた日本語ワープロソフト「egword Universal」と、および日本語入力システム「egbridge Universal」のソースコードおよび資料が含まており、これらが今回の再発売版に生かされている模様です。

ベータ版の説明によると、egword Universal 2 (Version 2.1)は、macOS 10.11(以降)に対応し、機能は制限されるもののWordファイルの読み書きにも対応しているようです。

価格は通常価格7,800円ですが、発売当初は、期間限定の発売記念価格3,800円となります。

スポンサーリンク