【速報】「Emacs 25.1」がリリース - ネイティブウィジェットをEmacsバッファに埋め込めるXwidgets機能がサポートされる

Emacs25

Emacs開発プロジェクトのNicolas Petton氏は9月17日、Emacsの最新安定版v25.1の公開を発表しました(アナウンスHacker NewsReddit)。バージョン25系初の正式版で、現在GNU公式FTPサイトよりソースコードをダウンロードすることができます。

今回のリリースのハイライトは以下の通り:

  • Emacsがシェアード/ダイナミックライブラリ(モジュール)をロード可能に
  • Cairo drawingの試験的サポート
  • ネットワークセキュリティの拡張(TLS/ SSL証明書の有効性など)
  • 新しいマイナーモード「electric-quote-mode」
  • isearch.elにおける文字フォールディングのサポート
  • XWidget: Emacsバッファにネイティブウィジェットを埋め込める機能
  • ユニコード文字を挿入するための新しく改善された機能

注目のXWidgetはEmacsのバッファにGTK+ウィジェットを埋め込むことができる機能で、例えばWebKitGTK+のようなウィジェットを利用すると、Emacsのバッファ内でフル機能のWebブラウザが利用できることになります。

Redditにはデモとして、Emacs内でYoutubeを閲覧したり、GitHubを開いたり、Googleでサンプルしたりするスクリーンショットが掲載されています。

XwidgetsはLinuxのほか、WindowsのCygwin環境での動作例が報告されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする