Git 2.13がリリース - SHA-1衝突検知機能が追加

シェアする

S 20170511 105347

Git開発チームの濱野純氏は10日、分散型バージョン管理ツール「Git」の最新版v2.13.0のリリースをアナウンスしました(PhoronixGitHub)。v2.12.0リリース以来、65人の貢献者(うち15人は新人)による、729件の非マージコミットが含まれています

Git 2.13の変更点には、試験的な"split index"機能の改良や、Windowsのポートの改善、Gitシェル関連のセキュリティ修正などが含まれていますまたハッシュ関数SHA-1に対する衝突攻撃の検出機能の追加や、pathspecの改良などさまざまな変更が行われています。

変更の詳細はアナウンスに含まれるリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Git
公式サイト https://git-scm.com/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/6977-git
説明 Linuxの開発者Linus Torvaldsによって開発された分散型のバージョン管理ツール。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする