Go 1.8がリリース - さまざまなパフォーマンスが改良

シェアする

Go

GOプロジェクトは2月16日(現地時間)、プログラミング言語「Go」の最新版v1.8をリリースしました(Go BlogPhoronix)。Go 1.7以来半年ぶりのリリースとなります。

Go 1.8ではツールチェイン、ランタイム、ライブラリを含むさまざまな部分に変更が加えらて、パフォーマンスが改善しています。

例えばGo 1.7で導入された64-bit x86向けのコンパイラバックエンドが全てのアーキテクチャで使われるようになり、顕著にパフォーマンスが改善しました。

またガーベージコレクターの改良や、遅延関数呼び出し、GoからC関数の呼び出しに関するオーバーヘッドの削減も行われています。

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Go
公式サイト https://golang.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/6940-go
説明 Googleによって作られたシンプルかつ信頼性の高いオープンソースのプログラミング言語。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする