ハッカー業界の業界紙「HackerJapan」突然の休刊

シェアする

Hackerjapan

1998年創刊という長い歴史を持つハッキング専門誌HackerJapanが突然の休刊宣言(ハッカージャパンブログ HackerJapan休刊のお知らせ)。理由は特に説明されておらず、初版の事情により2013年11月号を最後に休刊することになったようです。

HackerJapan休刊のお知らせ

突然のお知らせで恐縮なのですが、HackerJapan誌が諸般の事情により現在販売されている2013年11月号を最後に休刊することとなりました。

これまでご愛読くださった読者のみなさん、寄稿いただいた執筆者の方々、誌面作りに協力していただいたデザイナー・イラストレーター・カメラマンの方々に、心からお礼申し上げます。

編集部としても誌面で読者の方々に最後の挨拶ができなかったことはたいへん心苦しく残念に思っています。

とはいえ、本誌をムックとして創刊した1998年当時、その後15年も続くとは夢にも思いませんでした。月並みですが、始まりがあれば終わりもあります。HackerJapan誌は休刊しますが、読者のみなさんとはまたどこかでお会いしたいと思っています。

それまでお互いに“Keep on Hacking”でいきましょう。さようなら。

2013年11月14日 HackerJapan編集長 斉藤健一 

個人的には、あまり読んだことはありませんでしたが、書店のパソコン雑誌コーナーでおなじみの雑誌でした。最近言われている雑誌不況の影響でしょうかね…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする