Apple、iOS 11で32bitアプリのサポートを完全に終了か?著名デベロッパー発言

シェアする

Ios 10 3 beta 1 32 bit app alert

Appleは最新のiOS 10.3から、古い32bitアプリを設定画面に一覧表示する機能や、起動時に警告ウィンドウを表示する機能を追加しました。

これに先立ち新規アプリや更新するアプリでの64bit化は必須となっており、徐々に32bitアプリの廃止へ向けて動いているのは確かなようです。

このようななか、Apple関連の著名な開発者Steven Troughton-Smith氏が、情報の出所は不明ながら、iOS 11で32bitアプリのサポートが廃止されると確信を持っていることが判明しました(9to5Mac)。

Smith氏はTwitterで以下のように発言しています。

「iOS 11で32bitアプリケーションのサポートが行われないとはっきり伝え聞いています。9月以降も生き残りたい場合、レガシーアプリケーションを更新しましょう」。

いまだ32bitアプリをメンテナンスしている開発者は、iOS 11にそなえ64bit化を進めておいたほうが良いかもしれません。

とはいえAppleは昨年9月からApp Storeに登録されているものの更新されていないアプリや動かなくなったアプリの削除作業を進めていて、一般ユーザーに対する影響はそれほど大きくないことも考えられます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする