Java 9がリリース - Java Platform Module Systemが導入される

シェアする

S 20170922 84900

Oracleは21日、Javaのメジャーバージョンアップ版「Java 9」のリリースを発表しました(リリースノート)。現在Linux/macOS/Windows/Solaris SPARC用のJDK/JRE実行ファイルをOracle公式サイトよりダウンロードすることができます。

Java 9はJavaのメジャーバージョンアップ版で、言語仕様、JVM、インストーラー、ツールなど関連する多くのコンポーネントで新機能が多数追加されています。

なかでも注目の新機能は、Java Platform Module Systemと呼ばれるモジュールシステムの導入で、JavaのJDK自体もモジュール化されています。JDKやJREのラインタイムイメージは再構築され、パフォーマンスやセキュリティ、保守性が向上しています。

Java 9の新機能の大部分は、Java言語を利用する開発者に影響するものですが、一般ユーザーが利用するJREでも、ブラウザでJavaコンテンツを無効化するインストーラーオプションの追加や、Java Plug-inの非推奨化、Java Control Panelの更新など、いくつかの注目すべき変更が行われています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする