静的サイトジェネレータ「Jekyll 2.0.0」リリース

シェアする

Jekyll

Rubyで作られた静的サイトジェネレータJekyllの最新版「Jekyll 2.0.0」がリリースされました(公式ニュース)。

バージョン1.0.0がリリースされたのは、2013年5月5日なのでちょうど1年ぶりのメジャーバージョンアップとなります。

バージョン2.0.0の主要な変更点は「コレクション」、「サイトテンプレートの刷新」、「ネイティブSass & CoffeeScriptサポート」、「YAML Front-Matter デフォルト」、「カスタムMarkdownプロセッサ」、「whereとgroup_by Liquidフィルタの追加」、「MarukuからKramdownへデフォルトMarkdownコンバーターを変更」など。詳細はHistgoryを参照してください。

Jekyll 2.0.0を早速試している方がいらしたので参考までにリンク。

順調にバージョンアップしているようなので、利用者の方は安心ではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする