「JRuby 1.7.23」がリリース - Windowsのパス関連の問題が修正

S 2015 11 26 10 47 18

JRuby開発チームは11月24日(現地時間)、JRuby 1.7系の最新バージョン「JRuby 1.7.23」をリリースしました。現在公式サイトよりWindows用の実行ファイルやバイナリ、ソースコードをダウンロードすることができます。

JRubyの開発の主軸は、Ruby 2.2系と互換性を持つ9xシリーズに移行していますが、今回リリースされた1.7系もRuby 1.9.3との互換性を高めるためにメンテナンスされ続けています。

1.7.23では、Windowsのパスに関連した不具合の修正含む、多くの問題の修正が行われています

  • Windowsのstatがロング/UNCパス名をサポート
  • Windows statのメモリリークの修正
  • さまざまなWindowsパス関連の修正
  • ファイルシステムに関連したメソッドのjar/classpathの問題の修正
  • Ubuntuでネイティブサポートがロードできなかった問題の修正
  • その他31件の問題の修正

詳細はリリースノートを参照してください。

スポンサーリンク