Kindle for iOS 6.5がリリース - 待望のSplit Viewに対応

IMG 0134

iOS版のKindleアプリが更新され、最新の「Kindle for iOS v6.5」が公開されました。Kindle for iOS 6.5は、iOS 10.0以降をインストールしたiPhone/iPad/iPod touchに対応するユニバーサルアプリで、App Storeより無料でダウンロードすることができます。

Kindle App
カテゴリ: ブック
価格: 無料
KindleのiOS用公式アプリ。

v6.5では、iPadでSplit Viewに対応し、読書中に複数の作業が同時に行えるようになりました。またWebページのように本をスクロールする「連続スクロール機能」が追加されています。その他プルダウンによる本の一覧の更新機能や、Kindle辞書へのアラビア語の追加も行われています。

以下簡単に確認してみました。

Split Viewの使用方法: iPadでSafariやメモアプリなど他のSplit View対応アプリと同様に画面を分割して使用することができるようになっています。例えばKindleアプリを立ち上げたあと、DockからSafariをドラッグ&ドロップすることで分割表示が可能です。詳しい使用法は以下の記事でご確認ください。

iOS 11ではマルチタスク機能が進化し、iPad上で複数のアプリを同時に表示できる、Slide OverやSplit Viewがさらに便利になっています。 その反面Slid

連続スクロール機能: まず「設定 > 連続スクロール」をオンにします。書籍を開き「Aa」をタップすると、対応した書籍には「連続スクロール」スイッチが表示されます。オンにするとWebページのような間隔でスクロールしながら本を読むことができます。オフにすると従来通りです。

Photo

対応していない書籍では使用することができない模様です。

スポンサーリンク