MarsEdit 3.7.9がリリース - macOS Sierraで発生するGPUスイッチ問題が修正される

シェアする

Screen800x500

Mac用のブログエディタMarsEditの最新版「MarsEdit 3.7.9」が公開されました。MarsEditはOS X 10.6.6以降に対応したソフトウェアで、既存のユーザーは無料で更新することができます。

MarsEdit - for WordPress, Tumblr, Blogger, etc. App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥4,800
Mac用の人気ブログエディタ。

MarsEdit 3.7.9では、様々な不具合の修正とともに、macOS SierraでdGPUが意図せず起動するようになっていた問題が修正されている模様です。

リリースノートは以下の通り:

- Fix a bug that caused "allowfullscreen" to be stripped from YouTube embeds

- Fix an issue with old system font hardcoding being respected by later version

- Add NSSupportsAutomaticGraphicsSwitching to Info.plist to avoid requiring high power GPU use

- Work around a crash that could occur when waking from sleep on a Touch Bar-enabled Mac

- Fix a crash that could occur in Apple's web framework when closing a document

- Detect and offer advice about WordPress two-step authentication challenges

- Fix a bug that caused preformatted text in the rich editor to remain small when a larger editing font is selected

macOS Sierraでは一部アプリを起動するだけで、dGPUが動いてしまうよう挙動が変更されてしまったことは以前お伝えしました。

MacのGPUの稼働状態を確認する事ができるメニューバーアプリ「gfxCardStatus」。 GPUのリペアエクステンションプログラムが発動したMacB...

今回MarsEditのリリースノートに含まれている「NSSupportsAutomaticGraphicsSwitching to Info.plist to avoid requiring high power GPU use」によってその挙動が改善され、CPU内蔵のGPU(統合GPU)で動作することが期待できます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする