Ruby作者まつもとゆきひろ氏FSF award 2011受賞


Rubyの作者として有名な、まつもとゆきひろ氏がFSF award 2011を受賞されたそうです(FSFまつもとゆきひろ氏のTwitterslashdot.jp)。


RubyとEmacsに対する貢献が評価されたということです。ボストンで行われた講演のスライドの表題は「How Emacs Changed My Life」ということで、意外にも(?)RubyではなくEmacsのことについて述べられているみたいですね。

これまでのFSF award受賞者は次のようにそうそうたる面々で、ここにmatz氏が含まれるのは快挙だと思います。おめでとうございます。

  • 2010 Rob Savoye(Gnash開発)
  • 2009 John Gilmore(Cygwin開発)
  • 2008 Wietse Venema(Postfix開発)
  • 2007 Harald Welte(Openmoko開発)
  • 2006 Ted Ts'o(Linux Kernel開発)
  • 2005 Andrew Tridgell(Samba開発)
  • 2004 Theo de Raadt(OpenBSD開発)
  • 2003 Alan Cox(Linux Kernel開発)
  • 2002 Lawrence Lessig(フリーソフトウェアの政治的理解を促進)
  • 2001 Guido van Rossum(Pythonの開発)
  • 2000 Brian Paul(Mesa 3D ライブラリの開発)
  • 1999 Miguel de Icaza(GNOME開発)
  • 1998 Larry Wall(Perl開発)

詳しい受賞理由はwikipediaにまとめられています。

スポンサーリンク