【悲報】MPC-HC v1.7.13がリリースされるもこれが最終バージョンに?

シェアする

S 20170717 90505

Windows用の多機能動画再生ソフト「MPC-HC」の最新版v1.7.13が16日、リリースされました(公式ニュース)。

MPC-HCはWindows XP SP3以降のWindows OSでの動作をサポートしたオープンソースソフトウェアで、現在公式サイトより32bit/64bit版のインストーラー・zipファイルをダウンロードすることができます。

v1.7.13ではmhookからより活発に保守されているMinHookへの変更、SSE2命令をサポートしたCPUを必須とする変更、字幕URLをコピーするコンテキストメニューの追加、翻訳の更新などが行われたほか、LAV FiltersやLittle CMSなど内部ライブラリのアップデートが行われています。詳細はChangelogで確認可能です。

ただし今回、ユーザーにとってもっと気になるのは公式ニュースに掲載されている以下のお知らせかもしれません。

v1.7.13, the latest, and probably the last release of our project…

v1.7.13は最新の、そしてたぶんプロジェクトの最後のリリースとなるだろう…

MPC-HC開発終了の理由としては、アクティブな開発者の数がここ数年の間に減少してきており、最終的にゼロになることが避けられないことが上げられています。C/C++経験がありプロジェクトに開発者はぜひIRCやe-mailで連絡してほしいとのことですが、有力な開発者が現れない場合、このまま開発終了ということになりそうです。

Hacker Newsではこのお知らせを受け、MPVMPC-BEなどの代替ソフトウェアの提案が行われています。MPC-HCユーザーは、プロジェクトの継続を願いつつも、代替ソフトの選考を始めたほうがよいかもしれません。

I screenshot1 タイトル MPC-HC
公式サイト https://mpc-hc.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/6922-mpc-hc
説明 軽量かつオープンソースの多機能動画プレイヤー。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする