Notepad++ v7.3.3がリリース - CIAのハイジャックツールに対応

シェアする

S 20170309 102237

コーディング機能が充実したWindows用のテキストエディタ「Notepad++」の最新版v7.3.3が8日(現地時間)にリリースされました(公式ニュース)。現在公式サイトより最新版の実行ファイルをダウンロードすることができます。

v7.3.3リリースの主な目的は、先日WikiLeaksが「Vault 7」と呼ばれるコードネームで公開を始めた一連のCIAによるハイジャックツールへの対応です。

CIAはNotepad++が利用する文書作成フレームワークScintillaのdllであるscilexer.dllの改変(ハイジャック)を試みるため、これを防ぐためにNotepad++側にdll読み込み時の証明書の検証機能が追加されたと説明されています。

scilexer.dllの読み込みに失敗した場合、Notepad++は起動せず、不正なDLLが動作することを防ぐことが可能となっています。ただしPC全体がハッキングされ、Notepad++の実行ファイル自体が変更された場合は効果がないとのこと。

S 20170309 102313

▲scilexer.dllはNotepad++のアーカイブに同梱されていることが分かります。

I screenshot1 タイトル Notepad++
公式サイト http://notepad-plus-plus.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/4423-notepad-plus-plus
説明 プログラミングに適したオープンソースのテキストエディタ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする