30年前に公開されたオペレーティングシステム「PC-MOS/386」のソースコードがGPLで公開

シェアする

Pexels photo 257881

30年前のオペレーティングシステム「PC-MOS/386」のソースコードがGitHubで公開されていることがわかりました(OS newsslashdot)。

Wikipediaによると、PC-MOS/386はThe Software Link(TSL)によって開発された、マルチユーザー、マルチタスクのオペレーティングシステムで、1986年11月のCOMDEXで発表され、1987年2月にリリースされました。複数のMS-DOSソフトウェアを動作させることが可能で、PC-MOS/386はDOSと異なり386プロセッサに最適化されていたとのこと。

GitHubリポジトリにはソースコードと共に実行ファイルが含まれていて、中には仮想環境などで実行可能なフロッピーディスクイメージも含まれています。

なおソースコードをビルドするには、非公開のBorland C++ 3.1コンパイラーが必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする