Photon - Electron開発者要注目のOS X風UIツールキット

S 2015 10 15 1 14 55

元々GitHubのAtomエディタのために開発されたデスクトップアプリ作成用フレームワーク「Electron」。HTML/CSSといったWeb系技術を使って、クロスプラットフォームのデスクトップアプリを開発可能なため、多くの開発者の注目を集めています。

本日紹介する「Photon」は、このElectron用の便利なコンポーネントを多数収録したUIツールキットです(GitHubHacker News)。

ツールバー、タブ、ナビゲーション、リスト、ボタン、フォーム、テーブルといった、GUIアプリ作成に必要なさまざまなコンポーネントを、アプリケーションに素早く組み込むことができます。コンポーネントの見た目もOS X風でクールです。

以下ご紹介。

バー

S 2015 10 15 1 24 49
ヘッダーとフッターを組み込むことができます。

バーとアクション

S 2015 10 15 1 26 25

バーにボタンを設置してアクションを定義することもできまうs.

バーとタブ

S 2015 10 15 1 27 25

タブを追加することもできます。

ナビゲーション

S 2015 10 15 1 28 30

Finder風のナビゲーションを作ることもできます。

リスト

S 2015 10 15 1 29 03

大量データの表示に必要不可欠なリストです。

ボタン

S 2015 10 15 1 29 45

ボタンサイズは、標準、ラージ、ミニから選択可能。

ボタングループ

S 2015 10 15 1 30 33

ボタングループの定義もできます。

フォーム

S 2015 10 15 1 31 56

さまざまな情報を入力できるフォームです。

テーブル

S 2015 10 15 1 32 42

こちらもデータの表示に欠かすことができないテーブルです。

スタート地点として便利そう

実際の開発方法はGitHubで説明されています。

git clone https://github.com/connors/photon.git
cd photon
npm install
npm start

これでサンプルプログラムが起動します。

S 2015 10 15 1 43 24

面倒なGUIの構築を効率化できるPhotonは、Electron開発者要チェックのツールキットだと思います。

スポンサーリンク